アトリエ・エスカル 山梨工房 -  エスカルの意味は「ひとやすみ=一休み」 日常生活から離れて、ご自分の作品を発表しませんか。
RSS

最新記事

第3回群青の会展示会 来場御礼
第3回群青の会展示会 予告
第4回ときの会展示会 終了
高橋隆雄「ボールペン画」展示会 終了
ときの会絵画展 開催中

カテゴリー

作品紹介
回廊
挨拶
機械設備
検索エンジンの供給元:

マイブログ

桜の一輪挿し

 桜の木・半割を夢工房の仲間のSさんに頂戴しました。半乾きになっていて、少しヒビが入っていましたので器(ナチュラル・エッジ)を作るのを止め、一輪挿しにしようと考えました。
 18mmのホースナビットで試験管官用の穴をあけ製作開始しました。

 ターニングすると樹皮が刃物に引っ掛かり剥がれ、飛んでしまいました。飛ばないようにするために、事前に一部の首周りの樹皮をカッターで切取りました。
 形をより良くするとともに、試験管を入れる穴をより深く掘る予定です。仕上げ用の塗装は何にするかがこれからの悩みになりそうです。

 左下の一輪挿しが樹皮が引っかかって剥がれてしまったものです。削ってみたら黒い模様が出てきたので、これもまた面白い作品になりそうです。




桜の一輪挿しに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment