アトリエ・エスカル 山梨工房 -  エスカルの意味は「ひとやすみ=一休み」 日常生活から離れて、ご自分の作品を発表しませんか。
RSS

最新記事

予告 第4回ときの会絵画展
第4回ときの会絵画展 開催予告 
「ボールペン画の世界」展示開催中
香り高い摺りゴマ器
5月開催展示会予告

カテゴリー

作品紹介
回廊
挨拶
機械設備
検索エンジンの供給元:

マイブログ

バンドソーの調整不備 友人の助言

デルタ14インチ・バンドソー(モデル 28-206)を友人から譲って頂いたので使っていたところあまり調子が良くなかった。修繕しようと点検したところ、バンドソーの下部の刃物受けのボールベアリングが刃に押されて回転しなくなっているのが判った。

そのため新潟鉄工のものを規格で指定し取り寄せ交換した。初めてのバンドソー分解だったが、マニュアル、分解図面を見てなんとか無事完了できた。




















しかし、ボールベアリングは交換だけでは問題は解決せずボールベアリングは回転しなかった。原因は刃のブレードがベアリングの回転部分に当たっていなかったからだった。その問題解決方法が判らなかったので、製品不良と考え、そのまま使っていた。


しかし、先日工房訪問していただいた土浦のUさんと話した際に「製品不良じゃないよ。調整不良だよ。」の助言をもらった。
翌日から調整不良だとすればどこを調整すればよいか考え、上部のブレードガイドの位置を試行錯誤で何回か調整した。ボールベアリングが回転しだし、動きも本来の姿になったせいかすこぶる調子がいい。「調整不良という」助言をしてくれたUさんありがとう。


バンドソーの調整不備 友人の助言に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment