アトリエ・エスカル 山梨工房 -  エスカルの意味は「ひとやすみ=一休み」 日常生活から離れて、ご自分の作品を発表しませんか。
RSS

最新記事

第3回群青の会展示会 来場御礼
第3回群青の会展示会 予告
第4回ときの会展示会 終了
高橋隆雄「ボールペン画」展示会 終了
ときの会絵画展 開催中

カテゴリー

作品紹介
回廊
挨拶
機械設備
検索エンジンの供給元:

マイブログ

工房拡張DIY工事開始

山梨工房の奥の裏側に、ブロック塀で隔離された8畳ほどの倉庫があり、その半分を借りる申し出をしていたのが、今年に入って兄の許可が出た。いよいよDIYで工房を拡張し、作業環境を良くする工事開始しました。工期は通常の工房の仕事をしながらですので、約1か月間を予定しています。なお、裏側の倉庫のラックも2×4で制作もします。









設計段階から、裏と表がつながることを予想して壁の真ん中に通路用の枠が設けられていました。その通路探しから始まりました。

石膏ボードを剥がしながら、設置場所を見つけました。予測より壁の中心に近いところにありました、幅80㎝、高さ155cmの通路です。









DIY アドバイザーの知識を総動員し、自分で壁の撤去を開始しました。当初は写真の右側のブロックハンマーとチゼルで撤去しました。しかし、重量ブロックが主になり、しかもモルタルが基本道りにブロックの穴に入れられているので、刃が立たなくなりました。ブロックハンマーの一部も欠けました。

借りた左側の重量ハンマーとたがねを使うようになって、何とか乗り切れました。ブロック撤去には、適切な道具が必要ということを、体で知りました。
わざと石膏ボードを残して、埃が工房に入るのを予防しています。


後2段を残すだけになりました。しかし、左下に少し見えますが、補強横筋の鉄筋が出てきましたので、鉄筋切断が待っています。それ以外で、通路に自作の引き違い戸設置、天井のペンキ塗り、壁紙張り、資格者に指導を受けながら電気配線を新設する予定です。

ここまでで、約1週間ほどかかりましたが、貴重な体験ができて良かったと思っています。新しいチャレンジができ、新たな知識が得られることを楽しみにしています。工事状況報告も継続しますので、お楽しみに。

工房拡張DIY工事開始に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment