アトリエ・エスカル 山梨工房 -  エスカルの意味は「ひとやすみ=一休み」 日常生活から離れて、ご自分の作品を発表しませんか。
RSS

最新記事

香り高い摺りゴマ器
5月開催展示会予告
九州・熊本 有機新米ご紹介
「にんぎょちょうの人形市」作品
第12回「にんぎょうの人形市」ご来場御礼

カテゴリー

作品紹介
回廊
挨拶
機械設備
検索エンジンの供給元:

マイブログ

エノキ 生木のターニング

第二回JWA講習会の際に成瀬さんに本格的なエノキの生木を分けていただいた。生木のターニングは初めてだったので、粗削り後の変化、経過観察を含め楽しまさせたいただいている。
 生木はターニングしていると軽やかに切れた切りくずが一直線に飛び、急に刃物の扱いが上手になったようで気持ちがとても良い。

 素材は「割り材の含芯部分は切り分け(柾目板)るようにします」です。芯があるため大物はターニング出来ないので、小皿、ボールを合計7個木取りしました。
 生木の殺菌、乾燥に電子レンジが良いとの情報に基づき、左側4個はその方法で、右側3個は自然乾燥させてみました。
現在、両方とも円から楕円に進行中です。また、自然乾燥の方は樹液の影響で色の変化が出てきています。
この色の変化が成瀬さんが言っていた「足が速い材(アオが走りやすい)なので保管に気を遣う」状況なのかもしれません。継続して観察していきます。


エノキ 生木のターニングに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment