アトリエ・エスカル 山梨工房 -  エスカルの意味は「ひとやすみ=一休み」 日常生活から離れて、ご自分の作品を発表しませんか。
RSS

最新記事

第3回群青の会展示会 予告
第4回ときの会展示会 終了
高橋隆雄「ボールペン画」展示会 終了
ときの会絵画展 開催中
第4回ときの会絵画展 開催予告 

カテゴリー

作品紹介
回廊
挨拶
機械設備
検索エンジンの供給元:

マイブログ

新しい治具が仲間入り



 友人IさんからVICMARC Adusta-Jaws をお譲りいただき、新しく私の治具仲間入りしました。ボウル、お盆の外側の底部分のターニングに使用する治具で、最大約直径33㎝のものまで固定できます。

VICMARC Chuck120の爪を交換して使いますので、かなり時間がかかると考えていました。しかし、やってみると意外と簡単で、短時間で交換できました。
  ターニングして判ったのは、ふわっと抑えている感じを受ける真空チャックとは違った安定感です。アジャスタジョーについているゴム製四角いグリップでワークをしっかり固定します。その締め付けで気持ちよく安心して削ることが出来ました。

 安定した回転により、底辺を水平にきれいに削ることが出来ました。使いやすい道具なので、これからも大切に、活用して良い作品を創っていきたいと思っています。Iさんありがとうございました。


新しい治具が仲間入りに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment